katsunari1977’s diary

ライブ参戦記がメインのブログです。

乃木坂46 MerryXmasShow2016 アンダー単独公演@1207日本武道館レポ

0時まわってすぐ寝て、7:30に起床。

ひっさしぶりによく寝られました。

ホテルの枕、自分にはぴったりでした。

やっぱ寝具って大事ですね。

喉のくすり、なかなか(・∀・)イイ!!です。

f:id:katsunari1977:20161207142638j:plain

 ちょっといがらっぽいですが、声はフツーにでました。

今までは、翌日天龍っていうのがデフォでしたからね・・・w

龍角散のど飴をライブ中に服用していたのもよかったのかな。

朝飯を食べにホテルのレストランへ。

バイキング形式の食事ですが、おおっ?結構ショボい・・・w

いろいろ食べてお腹いっぱいにして

ライブ前まで終始缶詰で昨日のレポを仕上げる。

やっぱりノートパソコンの調子がよくないようで

いつも以上に時間を費やしてなんとか完成。

10時から15時までびっしりと書いていました。

流石に疲れたので、少し昼寝をとって16:30に出発。

明日の帰りのスカイライナーを予約とったりして日暮里駅を探索。

もう日暮里駅は大丈夫ですww

九段下駅に到着。気のせいかもしれませんが、昨日よりはひとだかりは少ない。

ささっと入場して、開演を待つ。

今日の座席は、やっぱり北西ブロックE列の22番。

あれ?と思った方は、よくブログを読んでいただいた方ですねww

そうなんです。今回は22という番号に取り憑かれたようです・・・www

しかも北西ブロック。

要は昨日の場所から前にいっただけなんですw

チケは楽天チケット先行予約でとれたものです。

流石に5列目ともなると、ステージの全景を後ろからみられました。

これならまずまず納得です。

前からは全くみられませんのでモニターは必須ですが。

18時頃に会場入りしたら、モニターがチラチラ明暗を繰り返してる。

みてみたら、昨日全く開演前には変化のなかったモニターに

オフショットと今日の意気込みが映し出されていました。

こうゆう企画はとてもいいと思います。

アンダーライブはとにかく熱いものを期待しているので

ワクワク感が更に強くなりました。

それでは乃木坂46 MerryXmasShow2016 アンダー単独公演のスタートです。

 

 

※ 以下の記載にはネタバレが含まれております。

10日のライブに参戦される方は終わってからみることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先に総評を述べておきます。

正直なところ、物足りなさ、違和感を感じてしまったので

今後ますますよくなっていくことを願って、厳し目に書かせていただきます。

決してアンチはないので気を悪くしないでください。

ものすごく楽しみにしていたので、拍子抜けだったのかもしれませんが。

大部分はセンター寺田さんの最後のMCに尽きるのですが

はなしが長い・・・。ネガティブになるのはわかりますけど

あれだけ長々とネガティブなことをいわれると正直冷めちゃいました。

史上最弱といわれて悔しかったといっていましたけど

ライブパフォーマンスで鬼気迫る気迫は感じられなかったし

熱量も感じられなかった。

アンダーライブ東北ツアーからの過程をみていれば

進化がわかるのかもしれないけど。

他のメンバーでおっ!って思う方もいたので

座長としてもっと引っ張っていけるように

パフォーマンスに力を入れてほしいと感じました。

構成についてですが、アンダーライブとクリスマスショーは

アンマッチだったと感じました。

クリスマスmixの楽曲は、選抜単独公演以上にマッチしていなく

そのまま体感したかったです。

選抜単独公演にゆかれた方はご存知でしょうが

今回、セルフプロデュース企画をそちらではおこなっています。

この企画に喰われてしまっている感は否めません。

いくら全員センターが先におこなわれてきた企画とはいえ

選抜メンバーが似てきたことをやったら

むしろそれはやらないっていう反骨心がほしかったです。

アンダーライブは選抜メンバーだけが乃木坂46じゃないと

反骨心を全面に押しだしてきたはずなのに

その反骨心が全く感じられなかったのは残念でした。

もっと汗かきたいんですよ。

正直、選抜単独公演より汗かきませんでした。

選抜単独公演が最上段だったからとかじゃないですよ。

MCなんていらない。全部楽曲のパフォーマンスで勝負して

最後ぶっ倒れるくらいの乃木坂の根底をぶっ壊すような

荒々しさが体感したかったです。

わたしが私がでいいんです。ずっとアンダーなわけじゃないんですから。

むしろ踏み台にしてもっともっと上を目指してほしいです。

一方的な主観を申し訳ありません。

寺田さん推しの方々には申し訳ありません。

ライブ至上主義のおっさんの戯言とお許しください。

 

ではライブレポを。

影ナレは誰だ?と聞いていたら、ひとりはすぐ

かりんさんだとわかりました。

もうひとりは最後までわかりませんでした・・・。

ちはるさん、すいません・・・。

overtureが始まる。さすがに熱いです。

昨日よりもさらに大きなオイ!ヲイ!が武道館中に響き渡る。

この時点での高揚感は、選抜単独よりも高かったです。

01.ブランコ

1曲目は100%これでしょうと確信があるので

すんなり入っていけました。

ステージ衣装、とても格好良かったです。

02.狼に口笛を

腕をブンブン振るフリに肩を入れるダンス。

加速度的に熱さが増していく序盤にもってこいの楽曲です。

03.不等号

かなりんのダンスはやっぱり群を抜いています。

妖艶なダンスをさせたらいちばんかもしれませんね。

04.自由の彼方

今日はステージ全容がみられるので全体をまじまじとみていました。

05.別れ際、もっと好きになる

ここでひとりのメンバーに目が止まりました。

大きなダンスではないけど

とてもリズミカルに踊る後ろ姿がみられました。

ゆったんでもろってぃでもないそのひとは

鈴木さんでした。

ちゃきちゃき踊るという表現がしっくりくるかもしれません。

それ以降、チラチラと注目することになりました。

06.初恋の人を今でも

ゆったりと流れる楽曲を感じながら、会場全体をみていました。

MCで全員センターを16人のメンバーで16曲の表題曲を担当すると発表。

07.ぐるぐるカーテン(寺田さん)

ここはしっかり振り真似。センター以外の全メンバーは脇を固めます。

08.裸足でsummer(かなりん)

命は美しいもよかったカナw

ダンスに定評のあるかなりんなのでダンスナンバーもみたかったけど

本人がやりたかった夏曲でよかったです。

後に披露するカメラの都合でボツになった

ロダンスを披露してくれましたが、とてもよかったです。

まぁ、ヘビロテのオマージュですがw

09.ハルジオンが咲く頃(佐々木さん)

ずっと川後さんがピンで映し出されていたので

引き当てたか?と思わせておいての佐々木さん。

カメラさんのいい仕事がみられましたw

終始笑顔でよかったです。ダンスは省エネでしたけど・・・w

10.気づいたら片想い(じょーさん)

美少女キ(゚∀゚)タッ!!カメラに映ると伝わりにくいかもしれませんが

相当の美少女ですよ(・∀・)ニヤニヤ

歌に定評のあるじょーさんですが、ちょっと緊張していたのかな・・・。

せっかくのバラード調の楽曲が活かしきれませんでした。

11.ガールズルール(かりんさん)

前回参戦のアンダーライブでの全員センターで

歌もイケることがわかったかりんさんが引き当てたのは

盛り上がり必至の定番曲。

きっちりチャンスを活かす本番に強い方ですね。

12.サヨナラの意味(渡辺さん)

どうあがいても、ななみん最後の楽曲というイメージを

最新シングルがゆえに払拭しがたいある意味、ジョーカーな楽曲です。

会場の緑一色のペンライトも可愛そうで仕方なかったです・・・。

そんななか、頑張って歌い上げていたと思います。

13.何度目の青空か?(ひなちま)

いくちゃんの歌唱力が際立ちすぎますが

可愛らしい声で歌い上げていました。

14.制服のマネキン(相楽さん)

身長の大きい相楽さんですので、大きなダンスを期待していたのですが

もうちょっと鍛錬が必要ですね。

15.左胸の勇気

フッッフゥゥ~♪声がよくでるでるw

MCを挟んで、クリスマスバージョンの楽曲披露へ。

16.あの日僕は咄嗟に嘘をついた
17.君は僕と会わない方がよかったのかな
18.春のメロディー
19.ここにいる理由

総評でも申し上げましたが、フツーに聴きたい楽曲だし

なんにも弄ることのない名曲ばかりです。

アンダーライブの肝ともいうべき楽曲たちが・・・。

何も無理にmixしないで、クリスマスの歌を歌うのもアリかと思います。

MCを挟んでラストスパートへ。

20.嫉妬の権利

真っ赤っ赤に染まった武道館は圧巻でした。

21.涙がまだ悲しみだった頃

動から静へ。

22.扇風機

あ゛ぁ゛ぁぁぁ~w

左袖にきたれなちはとびっきりの投げキッスをしてくれました(・∀・)ニヤニヤ

23.生まれたままで

ミディアムテンポでアゲアゲな曲ではないけど

扇風機からの高揚感をそのまま維持できました。

24.13日の金曜日

ゆったん、出番ですw

楽しむということに関しては

いちばん体現できている方ではないでしょうか。

ゆったんのダンスも大好きです。

25.シークレットグラフィティー

いい流れでとっておきキタ━(゚∀゚)━!!!!

楽しかったです。

曲終わりにいきなり本編終了の流れは

ちょっといただけなかったですね・・・。

もう終わり?って感じが強すぎました・・・。

EN1.そんなバカな・・・

イントロはじめのパパッから湧く会場。

楽しいよ、これは。

EN2.ロマンスのスタート

(・∀・)イイヨイイヨ-この流れでロマスタ。

盛り上がりは最高潮だったと思います。

で、ここでのMCですよ・・・。

最高潮に盛り上がっていたところでの

まとまりのない長いネガティブ発言は一気に萎えました・・・。

ちょっと泣くくらいなら

よく頑張ったよって称えることはできるでしょうけどね。

このくらいですいません。

EN3.乃木坂の詩

現場で違和感が残ったまま、終了してしまいました・・・。

2時間20分ほどのライブでした。

そそくさと帰って、少々やるせなさを感じていたので

日暮里駅前の居酒屋で酒を食らって寝ました。