読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

regretmanの5日間の出来事2011(2日目)

深夜バスにて名古屋へ。

雨が強くなるなか、バスに乗り込む。

エアー枕を膨らませ、靴を脱いでスリッパを履き、リクライニングを倒して、準備万端。

でも、目を閉じても全く寝られませんでした…。

目を閉じると、麻里子さまの気迫いっぱいの表情とともに、名勝負が蘇ってくる。

ずーっと興奮しっぱなしのまま、貫徹で名古屋にww

喉の調子が最悪でした…。

ま、いっぱい叫んでいたからねw

どうやら、雨はまだ小雨程度で済んでいるみたい。

ひとまず、名古屋駅構内に入って、桜通口を探す。

るるぶを熟読した際に、自分がいこうとしていたところが

この出入口を基準にしていたことを覚えていたので、まずはその場所を確認。

確認後、その近くのコインロッカーに向かって、荷物を軽量化。

まずは、喫茶店リヨンを目指しました。

全くのうろ覚えで歩くこと5~6分、その場所を発見。

なんか、名古屋は歩きやすくって(・∀・)イイ!!ねw

大阪に通じる歩きやすさ。こうゆうの大事ですよ。

ついたものの、8時かららしく、このときまだ7時…。

とりあえず、昨日の服装はずぶ濡れが半乾き状態になり

気持ち悪いのもあったので、風呂を探すことに。

目の前のビルに、サウナの文字キ(゚∀゚)タッ!!

入ってみると、風呂もあるとのことでしたが、2500円…。

ちょっとたけーなって思っちゃったけど、そのまま入ることに。

ロッカーにタオルがなければ、みんなが着ているルームウェアもない…。

でも、ここで慌ててはいけませんw

これがシステムってやつなんだろうと思い、ひとまず、あたりをウロウロ。

なるほど、タオルは浴場の前にあって、ルームウェアは脱衣所にあるのか。

旅をして常に思うのは、観察力って大事だなって。

風呂につかって、さっぱりしたところで再び喫茶店に。

何故喫茶店かというと、名古屋にはモーニングという文化?システム??があって

コーヒー1杯の値段で、さまざまな軽食がついてくるというものがあるんです。

その軽食のなかで、最も特徴のあるのが小倉トースト

トーストしたパンにあんこが塗られているってものです。

ま、和風ジャムと思えば、さほど変な感じもないのですが

朝ごはんはこれをまず食したいと思っていたので、この喫茶店へ。

regretmanの残念な日記。-小倉トースト(ホットサンドver.)

で、食べてみましたが、これがなかなか美味いw

コーヒーはちょっと酸味の強いコーヒーでなかなか良い。

この喫茶店で台風情報を確認。どうやら、直撃らしい…。

ひどくなる前に伊勢にいこうと、そそくさと名古屋駅へ。

JRは不通になっていたので、もうひとつの鉄道、近鉄名古屋駅へ。

係員がいて物々しくなっているなか、どうみても旅行者のいでたちの自分に

どちらまで行かれますか?と聞いてきたので

伊勢市(伊勢神宮の最寄り駅のひとつ)までというと

今たぶん、津までしかいかないと思いますので

やめた方がいいですよといわれ、途方にくれる…。

とはいえ、他にいくところもないのでちょっと突っ込んで聞いてみたら

どうやら天候しだいらしく、一か八か乗っていくことに。

雨風がひどくなるなか、1時間半かけて、なんとか伊勢市駅に到着。

着いたものの、雨風はひどくなるばっかり…。

駅にある観光案内に聞いてみたら、参拝はできないとのこと…。

バスも止まっているとのこと…。

せっかく来たしな~と思って、おかげ横丁(伊勢神宮内宮近くにあるお店の集合体)

だけでもいきたいなと思って、タクシーでいくことに。

かばんから雨合羽をとりだして出発。結構な金額をかけて、おかげ横丁へ。

ここでの目的はふたつ。

まずは、赤福本店で赤福を食すこと。

次に、昼飯がてらに伊勢海老の猟師汁がうりの食事どころで

エビフライを食すこと。

食べ物ばっかりじゃねーかっていうのは秘密ですw

自分の旅の目的の6割は食ですのでww

まずは、食事どころで昼飯。

台風が来ているので?客は自分ひとりww

で、でてきました。

regretmanの残念な日記。-えびふりゃ~

うぅ~ん…。

これが伊勢海老?

ぶっちゃけ、かに汁の方が美味いなwww

出汁もただ塩辛い赤出汁だし、魚介からの汁がまったく出ていない…。

ま、エビフライは、どう頑張ってもエビフライですよねw

やっぱり北海道の者なので、魚介は北海道に限るねw

少々残念になりながら、赤福本店へ。

さすがは老舗。台風でもお客さんはそこそこ入っていました。

接客もいいね。で、肝心の赤福

regretmanの残念な日記。-赤福

やっぱ、美味いねw

ただ、自分はお土産で貰う赤福の方が好きかなw

ちょっと、餅が固くなってた方が好みかもww

お茶をいただきながらしばしマターリ。

正直いうと、やることなくなったので、お店のなかで時間潰ししていましたw

天気が若干、落ち着いたのでお店を出て、帰ることに。

タクシー代が結構高かったので、最寄り駅まで歩くことに。

ただ、これが間違いでした…。

暴風雨体験ツアー@伊勢

最初は風もなく、ポツポツとしか雨が降っていなかったので

サクサク歩いていたのですが、徐々に雨脚が強くなり

気がついたら、あっという間に暴風雨に…。

前が全くみえず、横殴りの風が襲いかかる。

山肌から、茶色くなった雨水が川のように流れ出し

歩道にダムのように溜まっていました…。

何しに伊勢に来ているんだろうって思いながら

30分ほどかけて、内宮からの最寄り駅に到着。

と、途端に電車止まってますよ~っと駅係員にいわれました…。

思わず、ですよねぇ~って返しちゃいましたwww

バスは?とも思いましたけど

バスも止まってるよ~。1時間待っても来ないもんって

おばあちゃんが笑いながらいっていましたwww

1時間も待っているなよ…i|li_| ̄|○i||i

雨合羽を着ていても、何の意味もなかったようで、全身ずぶ濡れ…。

靴は水浸しになった状態で結局、タクシーで伊勢市駅まで戻りました…。

ま、ほんの少しだけ安かったですけどねwww

あとで知ったことですが、鉄道は風速25m以上になると

運休や運転見合わせにする決まりがあるらしい。

ってことは、あの暴風雨は風速25m以上あったんだ…。

貴重な体験をしたと思っておきましょうww

伊勢市駅に戻った頃には、行き場のないひとたちでごった返していました…。

しばらくしたら、ベンチが空いたのでそこに座る。

お宿のチェックインまでまだ2時間ほどあったので

これまでのことをパソコンを取り出して、まとめていました。

15時を過ぎたあたりで、天候が落ち着いてきました。

風は強いものの、晴れ間がみられ、雨が止みました。

やることも尽きたので、荷物をまとめて、本日のお宿へ。

途中でファミマによって、飲み物を調達。

今回は、楽天トラベルで伊勢で評判の良かった旅館にしてみました。

お宿について、外にある縁台に腰をかけて

ビチャビチャになった靴下を絞ってみるw

さすがに、濡れっぱなしはまずいからね…。まぁ、よく絞れる絞れるwww

お宿について、部屋に入ってみると、なかなか広い和室。

真っ先に、履いていたスボンを衣桁にかけて、エアコンのまん前に置く。

衣桁が置いてあるなんて、さすがは旅館。

お風呂は16時から使えますとのことだったので

自分以外にまだ、誰もいなかったので

びしょびしょになった服をすべて脱ぎ捨て

置いてあった浴衣をまっぱで羽織ってw

そそくさとお風呂へ。

岩風呂仕立てのちっちゃなお風呂でしたが、なかなかよかったです。

冷たくなった身体を暖めて、落ち着いたところで荷物を整頓。

台風情報をみながら、日記をまとめる。

今度は、関東圏がえらいことになってしまってましたね…。

畳のにおいがなんとも心地よい。旅館もなかなか(・∀・)イイ!!ね。

そんなこんなで晩御飯。

楽天トラベルのお客様の声によると

ここの料理はいっぱいでてくる。

派手さはないけど、どれも美味しく、満足だ。

などと書かれていたので、料理も期待していました。

席に着くと、お刺身、鍋、小鉢、おひつ、お味噌汁が置いてありました。

ん?全然多くないじゃないかって思いながら

席についておひつを開けたら、凄い量のご飯が入っていましたw

お茶碗に3杯半ありましたwww

ご飯をお茶碗によそい始めたら、でるわでるわのおかずの数々。

天ぷら、魚の照り焼き、茶碗蒸し、伊勢うどんなどなど…。

伊勢うどん伊勢神宮で食そうと思っていたんだけど

大雨で断念していたので、ちょっと嬉しかったです。

が、自分好みではなかったようです…。

味はいいんだけどね~。あのふにゃふにゃなうどんは

どうにも馴染めませんでした…。

それ以外のものは、たしかに、派手な料理は一切ないけど

一品一品、なかなかのものでした。

全部食ったら、もうパンパンww

しっかり堪能しました。

すいません、徐々にでてくるので写真は撮りませんでした…w

部屋に戻って、TORE!をみながらさらに日記をまとめる。

明日は、台風一過で晴れそうなので、しっかり名古屋を堪能しようと

持ってきていたるるぶをしっかり読みあさって、11時に就寝。

昨日から寝ていないしねw

あっという間に寝入っていたようですww

こうして、伊勢の夜は更けていきました。