早々は…。

先日の日記にも書いたように、今日は月に1回のしっぽりとお酒を楽しむ日でした。

突然の閉店によって、急遽お店を変えておこないまして今、帰ってきました。

酔っているとはいえ、最寄り駅から徒歩で30分ほどのところを

歩いて帰ってくるとは自分でもびっくりでしたw

普段なら絶対に歩かないし…。

家を出る前、その閉店したお店のおかみさんから電話がきていました。

電話番号を教えてはいなかったんですが、きっと、お花を贈った際に記入していた

送り状から電話番号を知っていたんでしょうね。

なぜ閉店したのかは聞けなかったですけど(というより、言われなかったですが)

最後に、閉店したことをお知らせいただいたことに感謝して

先日の日記のように、声を大にして(気持ちの上で。実際に声を大にしたら迷惑でしょうし…)

お礼を言ってお別れをしました。

突然の閉店の理由のひとつとして推測していた「店舗関係者のご不幸」という最悪のお知らせは

回避できたようなので、それだけはよかったと思いました。

そして、別店舗での飲みですが、まぁまずくはなかったですよ。(上からの言い方ですいません)

でもやっぱり、しっくりこないんです…。

後になってわかってゆくそのお店のシステムとか、飲み物が出てくるタイミングとか。

まだ飲み切っていないのにオーダーとりにくるしね…。

気配りというよりは、回転率アップの営業という感じが否めなかったし…。

接客業というのは難しいね…。

かくゆう自分も接客業で生計を立てているわけで。

まぁ、習うより慣れろとよくいいますが、慣れるにはまだまだ時間がかかりそうですな…。

慣れる前にほかの店を探すかもしれないし…。

どこかにないかねぇ…。